- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Kuraves-K
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

自然、人工創造物の三次元位置座標データをデジカメ画像で簡単に求めます。

 「Kuraves-K」はデジタルカメラから取り入れた2枚以上の画像データ(写真)をもとに、様々な自然対象物や創造物を三次元データ化できるソフトウェアです。 最近特に高密度化したデジタルカメラの普及とパーソナルコンピュータの高速化により、写真計測が身近なものになってきました。 計測結果は三次元データとして作成されるため、物体の長さや面積、体積、断面図など様々な目的および用途でご活用いただけます。

 
■特長
■計測専用カメラ不要
高価な計測専用カメラは必要ありません。市販されているデジタルカメラが使用できます。
「Kuraves-K」ではレンズ歪み補正ツールを標準装備しているため、どの機種でも計測可能です。

■計測点いらず!
撮影画像にスケールが写っていれば(写っていなくても撮影間距離や対象物までの距離でもOK)スケール付きの三次元データが生成されます。 撮影位置などの面倒な事前計測はまったく不要です。

■誰でもスピーディー
カメラ撮影やパソコンなど一般的な操作ができれば誰でも簡単に取り扱えます。特殊な技術を必要としないため導入日から活用できます。 (「Kuraves-K」の基本操作フロー参照)

■ビジュアル感
撮影画像をもとにした測定結果や、三次元シミュレーション機能の充実により、結果をビジュアルに表現できるため、 撮影に携わらなかった相手に対しても説得力のある資料が作成できます。

■「Kuraves-K」の基本操作フロー
  1. 写真を撮る(2枚以上)
  2. 写真をパソコンにセットする
  3. 対応点を取る
  4. スケール等の入力
  5. 自動対応点処理
  6. 結果データ出力
必要項目 用途
長さ、表面積、体積計算 縦断図、等高線、鳥瞰図 公共座標系
点間距離*1)
垂直水準*2)
測量点

*1) 2枚以上の写真に長さが特定できるものが写っていること。撮影間距離、対象物間距離でもよい。

*2) 2枚以上の写真に垂直水準が写っていること。三脚でも良い。







 

■機能(土木・建設向け)

カメラレンズ歪み補正機能

市販デジタルカメラの場合、個々に持っているレンズ歪みを補正する必要があります。 「Kuraves-K」には簡単に補正値を求められる専用標定用紙と、カメラレンズ歪み補正ツールが付属しています。

自動対応点処理

必要なライン上や、格子状に切った面を使用して自動的に対応点を求める機能が充実しています。パターンパッチング手法を用いて自動的に対応点が生成されるため、数千点の三次元計測が瞬時に行えます。これは本システムの最も自動化された機能の一つで、それに加えて各種補助処理機能も充実しています。

測量点登録機能

公共座標系に変換したり、変位計測の目的で定点を固定したりと、測量器など別装置で計測した測量点を入力し、活用することが出来るように設計されています。

求積・測距計算機能

自動的に三角網を生成する機能やマウス操作によるポイントタッチにより、その場で面積や測長が計算され、リスト出力できる機能が装備されています。


三次元表示機能

求積機能で三角網を生成した対象物は、三次元表示機能で回転、縮小、視点等を変更しながら自由に観察することが出来ます。 対象物の形状確認(プレゼン)や対応点入力の間違い検出などにご利用いただけます。


等高線・縦横断作図機能 *3)

等高線の高さや出力範囲設定をすれば、その場でコンタ図を作成することが出来ます。また、そこに線を入れれば簡単に縦横断図が生成されます。

体積計算機能 *3)

土砂量や、穴の容積など切り取る場所を指定すれば体積計算することが可能です。 また、計画図や前況を入力すれば、現況と比較し、その盛り量切り量を現地の切盛シミュレーションとともに確認し、把握することも出来ます。

複数画像接続機能 *3)

「Kuraves-K」で作成されたデータ同士を関連付け、複数の写真を接合するツールが準備されています。 広域計測、立体計測ほか室内計測などにも便利なツールです。

*3) オプション設定です。

■ 応用作業事例はこちら(クラボウホームページ)