3次元CAD




■ 3次元化
 空中写真に3次元ベクターデータを重ね合わせ、そのデータに元々の写真を平行投影(オルソ)いたします。
 その後、3次元ベクターデータに対して写真を擬似的に持ち上げまして下記のようなファイルを作成いたしました。
 クリックすると拡大した画像をご覧いただけます。


その他、アニメーションによる3次元モデルの製作もいたしております。
実際に計画・設計などで使えるように実寸大で製作し、設計時のミスなどを施工前に発見することができます。

市販のデジタルカメラにより撮影された2枚以上の画像データを元に、さまざまな自然対象物・創造物を3次元データ化するシステムです。
物体の長さや面積・体積・断面図など様々な使用用途で利用できます。
2枚以上のデジタルカメラで撮影された建物や地形などの写真を元に、それらを3次元データ化して扱うことが出来ます。
3次元データ化することにより、物体の長さや面積、体積、断面図などさまざまな用途で活用することが出来ます。

■今までの2次元CADでは表現できなかった奥行きや高さをもたせることにより、平面図・立面図・正面図といった作図方法ではなく、 1ファイル作成するだけで色々な角度から図面化することが出来ます。 作業中に計画段階でのミスや見えなかった部分が見えてくるのが3次元の世界です。